【今すぐお金が欲しい人へ】クレジットカードのポイントで1万円分の買い物ができた簡単な方法

スポンサーリンク
お金の話
この記事は約4分で読めます。

あなたは「勉強したいけど本を買う余裕がない」「欲しいものがあるけどお金の余裕がない」と悩んだことありませんか?

この記事ではあなたに、僕がお金のない時に労働時間0で1万円をGETした誰でもできる方法をご紹介します。

ちなみに稼いだお金で買ったのは、勉強用の本(ビジネス書や原著)です。紙と電子書籍含め、合計で15冊を思いっきり買っちゃいました。

そしてこの中で現金を使って買った本は2・3冊、そのほかは全てタダで購入しました。

まあネタバレするとクレジットカードを作るときにもらえるポイントを使って購入したり、貯まったポイントをAmazonギフト券に変えて本代に充てたのです。

なので今回はネットで素早く作れたカードやポイントが貯まりやすいカードの使い方・コツをシェアしようと思います。

f:id:nobu_51478:20181218050140j:plain
スポンサーリンク

稼いだクレジットカードのポイントは合計¥13,822分

今回稼いだクレジットカードとポイントの内訳はこちらです。

f:id:nobu_51478:20181218132943p:plain

合計3枚のクレジットカードで¥13,822分のポイントを買い物に使えました。

この内Amazonカードと楽天カードのポイントは、カード作るだけで貰える特典でポイントゲットをしています。

エポスカードは過去に使った分のポイントが貯まっていたのですが、こちらも新規入会で2000ポイント貰えるキャンペーンやってます!。

審査がネットで完結、すぐに作れるお得なクレジットカード3選

今回使ったカードに共通するのは「ネットで審査から発行までの手続きが完了できる」という点。

なのでサイトで5分もあれば必要事項を入力して、あとは審査と発行を待つだけとなります。

年会費も無料なので持っておくとお得に使えます。 

Amazon MasterCard クラシック

初回年会費無料で、カード発行するとAmazonポイント5000円分がもらえます。

また1年の内に1回カードで決済すれば翌年の年会費が無料になる ので、カードが発行されたらAmazonの決済用カードに設定するのをオススメします。

もしくはコンビニで缶コーヒー1個買うだけでも翌年の年会費が無料になります。

さらにAmazonMasterCardクラシックならAmazonの買い物で2%のポイントも加算されるので、普段Amazonで買い物する人にお得なカードです。

AmazonMasterCard作って5000ポイントもらう。

楽天カード

年会費永年無料で、カード発行すると楽天ポイント2000円分もらえます。

さらに楽天カードを1回使うと 翌月に追加で楽天ポイント30000円分もらえます。

僕はこれで合計5000ポイントゲットしました。

ちなみにカードを使ったのはコンビニでサンドイッチ買ったときです。

さらに楽天カードは楽天市場で買い物するとポイント加算が2倍になり、なんと毎週金曜日は3倍のポイントが付きます!。

また最近だと楽天ROOMという面白いサービスもあり、楽天で買い物すればするほどポイントが貯まるキャンペーンが多いのが魅力ですね。

⬇️サクッと楽天カード作って今すぐ5000ポイントもらう ⬇️

エポスカード(Amazonギフト券に変えられます)

年会費永年無料で、入会すると2000円分のエポスポイントがもらえます。

またエポスカードは海外旅行先のATMからお金が引き落とせて、しかも即日発行も可能なのが特徴です。

そしてエポスポイントは主にマルイデパートやネット通販で使えるポイントです。

さらにエポスポイントはAmazonギフト券に交換できるんです!!

エポスポイントの使い方|クレジットカードはエポスカード

これは公式サイトにも書いてるんですけど、あまり知ってる人少ない模様。

しかもAmazonギフト券への交換はネット上で1分で出来て、1ポイント1円単位でAmazonギフト券に交換できます。

これで思わぬ臨時収入をゲットできて得しました!ヽ(*゚∀゚*)ノ。

f:id:nobu_51478:20181218135150p:plain

⬇️年末に海外旅行に行くなら持って行くのにオススメです。⬇️

エポスカードの公式サイトはこちら


まとめ

・クレジットカードを作るだけで貰えるポイントは意外と多い。

・ネットで審査が簡単にできるので面倒な書類も書かなくていい。

・コンビニやネットでクレジットカード決済できるお店が増えてるので、どれか1枚持ってるだけでもポイント貯めれる。 

コメント

タイトルとURLをコピーしました